10万円以内の自作ゲーミングPCでPUBGができるよ

f:id:tomikov:20180614231036p:plain

こんぬづあ、イガラシです。

今回、安くゲーミング PCが欲しかったので自作しました。

ゲーミングノートと迷ったのですが、自作PCはゲーミングノートに比べて2~3万円ほど費用が安いので自作することにしました。約10万円でゲーミングPCか作れちゃいます。

 

 

今回購入したものの合計金額

合計¥98,446でした。詳しい商品名は記事内で紹介しています。

CPU ¥22,847
グリス ¥1,246
CPUクーラー ¥3,754
グラボ ¥29,898
マザーボード ¥6,782
ケース ¥3,480
電源 ¥4,713
メモリ ¥11,961
SSD ¥4,790
HDD ¥5,358
ケースファンetc  ¥3,617
合計 ¥98,446

 

CPU

CPUはi5かi7で迷ったのですが、安さで「Intel CPU 3.0GHz 9Mキャッシュ 6コア/6スレッド」にすることにしました。

お金に余裕があるのであれば、i7でもいいと思います。

ただ、i5でも十分ゲーム可能です。 

 

グリス

※こちらは買わなくてもOK

グリスはCPUとマザーボードの間に塗ります。グリスを間に塗ることによって熱伝導率をあげます。熱はPCの大敵ですからね。

 

グリスはCPUを購入した時に付属でついてきますが、私はアマゾンで評判のいい「AINEX シルバーグリス」を選びました。 

 

CPUクーラー

※こちらは買わなくてもOK

CPUクーラーもCPUについてくるので買わなくてもいいのですが、やっぱりオーバーヒート対策でアマゾンで評判のいい「ENERMAX CPUクーラー 9cm サイドフロータイプ」を選びました。

 

グラフィックボード

グラボはGTXの1050か1060で迷いましたが、やはり性能をとって「玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GF-GTX1060-3GB」にしました。GTX1060でも3GBと6GBがあるのですが、3GBでも十分ゲーム可能です。

お金に余裕があれば、将来を見越して6GBを選んでもいいかもしれません。 

 

マザーボード と PCケース

マザーボードはCPUの世代とケースの大きさによって選ぶ必要があります。

CPUの型番 ix-xxxxの赤の部分の4桁目が世代になります。今回選んだi5-8500であれば8世代になります。各世代に対応したマザーボードを選ぶ必要があります。

 

今回選んだマザーボードはm-ATXという大きさなのでケースもm-ATXに対応したものを選ぶ必要があります。

 

私が選んだマザーボードとケースはこちら

MSI H310M PRO-VH M-ATX マザーボード」「Thermaltake Versa H17

ケースはミニタワーなので小型になっています。 

 

電源

電源はゲームをやるのであれば500W以上のものを選びましょう。今回選んだスペックでは「玄人志向 NEXTシリーズ 80 PLUS Bronze 500W ATX電源 KRPW-N500W/85+で十分です。ただ「80 PLUS」と書いてあるものを選びましょう。

これが書いてあると、「交流から直流に変換する際の変換効率が80%以上」となります。すなわち、パーツへの負荷が減ったり、熱を抑えられたりします。 

 

メモリ

メモリはゲームをやるのであれば8GB以上は必要です。8GBでも16GBでもメモリは必ず2枚で1セットになるようにします。

8GBであれば4GB × 2枚となるようにします。私は2枚セットになっている「CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 4GBx2枚 288pin (無期限保証)」を選びました。

しかも、こちらのメモリは無期限保証付なので安心です。

 

SSD と HDD

SSDはOS用にHDDはゲーム用にすることにしました。SSDはOSのみをインストールするので120GBあれば十分です。HDDはゲームのインストールやデータを保存するのに使用するので1TBにしました。余裕があればゲーム用もSSDにすればゲームの読み込みが早くなります。

 

SSDは3年保証付の「Transcend SSD 120GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC採用 3年保証 TS120GSSD220S」、HDDは2年保証付の「Seagate 内蔵ハードディスク 2.5インチ 1TB ゲームユーザー向け BarraCuda 2.5( SATA 6Gb/s / 5400rpm /2年保証」を選びました。

どちらも保証がついているので安心です。

さらに費用を安くしたいのであれば、SSDを無しにしてHDDだけでもいいと思います。

 

ちなみにSATAケーブルはマザーボードに2本ついてくるので買わなくても大丈夫です。 

 

ケースファン

今回選んだPCケースは小型なのでどうしてもケース内に熱がこもってしまいます。なのでさらに個別にファンを取り付けることにしました。コスパを考えて2種類購入することにしました。

ひとつめは「EasyDiy PCケースファン 白いLEDリングを装着した 12cmファン 25mm厚 静音pmw(800-1800rpm)2ヶ入っている」、ふたつめは「サイズ KAZE-JYUNI 小軸&大型ブレード12cmファン、25mm厚1200rpm 静音 SY1225SL12M」です。

 

これで初めからケースについているファンも含めてファンが全部で4つになります。

 

なぜ、LED付きとそうじゃないのの2種類にしたかというと、今回購入したケースが中身が見えない状態のケースなんです。なので、LED付きファンを背面と上面の外から見える所に設置して、元からケースについていたファンと新しく購入したLEDなしのファンは、前面に設置します。

前面から上と後ろに風が流れる仕様になります。 

 

あとはホコリ対策ですね。ファンを4つつけるので外から埃が入らないようにこちらの「[EMY] PC ケースファン 防塵 グリル メッシュ 交換用 ファン フィルター 120mm 用 10枚入り」を取り付けます。

 

ファンを4つ設置するにあたって

今回購入したm-ATXのマザーボードはケースファンを挿すところが1つしかありません。なので4つ挿せるようにする「オウルテック ファンPWM信号4分岐ケーブル」を購入する必要があります。

 

※PWMは簡単に言えばマザーボードが温度に応じてファンの回転数を自動調整してくれる機能です。PWMがついていない場合、ファンは常に回り続けます。

 

 

 

次回は実際に組み立てたものを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Copyright © 2018 tamiflu16g All rights reserved.