iDカードの支払いで現金ポイントがもらえて消費税分がタダになる方法

f:id:tomikov:20180612190130p:plain

こんぬづあ、イガラシです。

iDカードの支払いで最大2.5倍のポイント還元を受けて、消費税分の支払いがタダになる方法を紹介したいと思います。

 

 

三井住友visaカードのiDカードが便利

iDカードはチャージ不要の電子マネーカードです。残高を気にする心配はありませんし、様々なお店で対応しています。

三井住友visaカードでは追加カードとして無料で発行できます。

 

三井住友visaカードはこちらから登録できます。

VISAならやっぱり三井住友VISAカード。インターネット入会はこちらから!:三井住友VISAカード

 

iDカードで買い物をしてお得にポイント還元

iDカードで1000円の買い物をしたら、100円のつき1ポイントもらえるので10ポイントもらえます。

 

iDカードの支払いを三井住友visaカードにしているので、その1000円は最終的にクレジットカードから引き落とされます。

 

そして、三井住友visaカードは1000円につき1ポイントのワールドプレゼントポイントがもらえます。

このワールドプレゼントポイントはiDのポイントに交換できたり、WAONポイントに交換したりすることができます。

その交換がワールドプレゼントポイント1ポイントにつき、iDポイントへの交換なら5ポイントもらえます。

 

1ポイントにつき5ポイントです。

 

なんと5倍です!

 

なので、最終的にiDカードで1000円の買い物をすると、15ポイントになります。

 

 

提携ポイントカードでさらにポイント還元

支払い時にTポイントカードやWAONカードのポイントカードをだせば、そちらのポイントも貯まります。

 

こちらも100円につき1ポイントがもらえるので、1000円の買い物につき10ポイントもらえることになります。

 

これで最終的に1000円をiDカードで支払うと合計25ポイントも還元されることになります。

 

なんと2.5倍もポイント還元されます。

 

 

さらにお得にする方法

さらにお得にする方法が4つあります。

 

1.すべてのお買い物ををiD カードで支払う

iDカードの使えるお店ではiD カードで支払うようにしましょう。iDカードが使えないお店ではクレジットカードで支払います。

これでポイントの取り忘れてがなくなります。

 

また現金を持の持ち合わせを心配する必要もなくなります。

 

2.すべての支払いをクレジットカードに変更する

 家賃や公共料金、NHKやスマホ料金など、クレジットカードで支払えるものはすべてクレジットカード払いにしましょう。

 

こうして家賃や公共料金など、振り込みや引き落としにしている場合、ポイントがもらえないためクレジットカードで支払ったほうがお得です。

 

家賃など高額なのでそれだけでも結構なポイントになります。

 

3.Apple  payを利用する

いまならApple payを登録してすれば3000円のiD ポイントがもらえます。もらった3000円分のポイントは使った支払いから自動で割引になります。

 

4.前年の支払に応じてワールドプレゼントポイントがもらえる

1000円で1ポイントがもらえるのとは別に前年の支払に応じて支払い10万円に付き、さらにワールドプレゼントポイントが10~30ポイントもらえます。

f:id:tomikov:20180612154854j:image

ということは、10万円の支払に付き最大で130ポイントもらえることになります。

※ゴールド、プラチナカードはさらにポイントが倍です。

 

 

まとめ

最終的にワールドプレゼントポイントが支払い10万円に付き1630ポイントがもらえことになります。

 

1000円で16.3ポイント。

 

金額にして1000円で81.5円です。

 

結果:iDカードで支払うと、消費税分お得になるってことですね。

 

 

三井住友visaカードの登録はこちらから。

VISAならやっぱり三井住友VISAカード。インターネット入会はこちらから!:三井住友VISAカード

スポンサーリンク

Copyright © 2018 tamiflu16g All rights reserved.